日本経絡経穴研究会

研究会開催のご案内

第4回経絡経穴研究会 開催概要申込

日本経絡経穴研究会主催

第4回経絡経穴研究会

参加ご希望の方は下記のエクセルまたはPDFファイルをダウンロードし、必要事項をご記入の上、メールもしくはFAXにてお申し込み下さい。

 

日 時:平成28年10月23日(日) 10時30分~17時10分(受付開始9時30分)

場 所:東京医療専門学校 代々木校舎(〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-55)

内 容;

第Ⅰ部[10時30分~12時]「経穴部位国際標準化とISO国際標準化の今後」

座長:浦山久嗣(赤門鍼灸柔整専門学校 専任教員)

「経穴部位国際標準化とその後の10年」

篠原 昭二(九州看護福祉大学鍼灸スポーツ学科 教授)

「ISO国際標準化と経穴-医療情報からみた腧穴情報の標準化-」

東郷 俊宏(東京有明医療保健医療学部大学鍼灸学科 教授)

第Ⅱ部[13時~15時]「経穴の主治と経穴研究のデザイン」

座長:形井 秀一(筑波技術大学保健科学部保健学科鍼灸学専攻 教授)

「経穴の主治について」

小林 健二(北里大学東洋医学総合研究所医史学研究部 客員研究員)

「漢方腹診所見をパラメターとした経穴の検討」

寺澤 捷年(千葉中央メディカルセンター和漢診療科 部長)

第Ⅲ部[15時10分~17時10分]「経穴刺鍼の安全性」

座長:坂口 俊二(関西医療大学保健医療学部はり灸・スポーツトレーナー学科 准教授)

「鍼安全性関連文献レビューからみる重要臓器の傷害事故に繋がる可能性の高い経穴」

古瀬 暢達(大阪府立大阪南視覚支援学校理療科 教諭)

局所層次解剖学から考える経穴の危険刺鍼深度

上原 明仁(学校法人呉竹学園東洋医学臨床研究所 所長補佐)

参加費;

一般9,000円(冊子資料付き)[定員70名] 学生3,000円[定員50名]

* 2会場併催で、メイン会場は原則一般専用、学生は別会場でメイン会場の映像による聴講と

なります。

*学生申込の方は当日、学生証を確認しますので、学生証を持参して下さい。なお、学生であっても、

あはき師の何れかの有資格者は一般扱いとなります。

*学生でも一般申込は可能ですが、一般の学生申込は不可となります。

申込方法;

所定の申込用紙に必要事項をご記入の上、メール(sakaguti@kansai.ac.jp)もしくはFAX(072-453-8409)で送付して下さい。

本会で参加予約者として登録し、その旨を折り返しメールで送付いたします。

会当日はそのメールをプリントアウトしたものを受付でご提示下さい。

備 考:本会は全日本鍼灸学会認定指定講習C講座(1点)に申請予定

 

第4回経絡経穴研究会事前参加申込用紙(エクセル)

第4回経絡経穴研究会事前参加申込用紙(PDF)