日本経絡経穴研究会

日本経絡経穴研究会について

日本経絡経穴研究会発足の経緯

「第二次日本経穴委員会」(以下、委員会)は、WHO/WPROが主導する経穴部位標準化に対応する日本の委員会として2004年から活動を行ってきました。そして、 2006年につくばで開催された国際会議で361穴の部位が決められ、WHO/WPROが2008年に『WHO Standard Acupuncture Point Locations in the Western Pacific Region』 として公式版を発刊しました。その公式版を踏まえ、委員会は、日本語公式版『WHO/WPRO標準経穴部位―日本語公式版―』(2009年、医道の日本社)、 その解説書である『詳解・経穴部位完全ガイド―古典からWHO標準―』(2009年、医歯薬出版)などを発刊し、 鍼灸師養成学校の教科書である『新版 経絡経穴概論』(2009年、医道の日本社)編纂の協力を行い、2012年3月に活動を終了しました。 この間の活動記録は『WHO/WPRO経穴部位国際標準化へのあゆみ』(2013年、第二次日本経穴委員会)として、まとめられています。

そして、第二次日本経穴委員会・運営委員会は、日本の経絡経穴研究の継続の重要性を鑑み、その活動を引き継ぐ会として「日本経絡経穴研究会」を発足させました。 この新しい研究会の活動により、経絡経穴の研究が日本で継続的に行われる契機となることが期待できます。さらに、研究会を通じて研究の方向性の提示、共同研究の実施、 新たな研究者の発掘や育成に寄与していきます。

日本経絡経穴研究会の運営とその活動

日本経絡経穴研究会の運営団体:全日本鍼灸学会、東洋療法学校協会、日本鍼灸師会、日本東洋医学会、日本理療科教員連盟の5団体

日本経絡経穴研究会:形井秀一(代表,筑波技術大学教授)、篠原昭二(副代表,九州保健福祉大学教授)、坂口俊二(関西医療大学准教授)

活動内容:「経絡経穴研究会」の年1回の開催(第1回開催は2013年)、研究会記録集の作成、『新版 経絡経穴概論』改訂の協力、WHO/WPRO標準経穴部位の改訂時の作業(日本側窓口)など

活動資金:第二次日本経穴委員会から引き継いだ教科書や書籍の印税、WHO/WPRO標準経穴部位の使用料、研究会の会費収入により運営